スマホを活用して情報を拡散する

お客様は何を求めているのか?

マーケティングとは、簡単に言ってしまうと「相手が求める価値を提供する事で、報酬を得ること」と言えます。
価値とは、分かる様で分かりにくいものであり、人それぞれに違う物として、目には見えないものです。
例えば、ブラックフォーマルを購入しに来店したお客様が「お葬式があり、黒い服を買いに来たのだけれど、誰も着ていないようなデザインはないかしら?」と仰った場合、「誰も着ていないようなデザイン」がこの場合の価値になります。
つまり、お客様が求めていたものは黒い洋服ではなく、誰も着ていないようなデザインの喪服という事です。

相手の求める価値に対し、分かりやすく、魅力的な演出を求められるマーケティングに、写真等の活用は大いに期待が出来ます。

画像を利用して、有用性と差別化を強調

マーケティングを行う際、画像を用いる事で分かりやすい部分は、他のものとの差別化とその有用性ではないでしょうか。
例えば、売り込みたい商品を活用すると「可愛い・きれい・めずらしい・たのしい」という相手が求めている価値を、画像により分かりやすく情報提供する事が出来ます。
売り込みたい食品を活用したパーティ―メニューの画像などは、「美味しそう・楽しそう・わくわくする」など、一目で読者をひきつける事が出来るでしょう。

また、その商品の強みも同じく画像を利用する事で情報発信が容易になるのではないでしょうか。
一番分かりやすいのが、使用前・使用後の写真比較などが挙げられます。
これから提供したい商品の差別化は、まさに一目瞭然で相手に理解して頂けることでしょう。

この様に画像を利用したマーケティングには、長文の説明よりもインパクトのある宣伝効果があると言えます。


この記事をシェアする
TOPへ